×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペット葬儀

このところ大変なペットブームになっているようです。この状況の中で、最近様々なペット葬儀に関連しての火葬形式が出てきました。家族同様に一緒に生活してきた、たくさんの思い出をくれたペットに対して、安らかに眠れるように、深い愛情と感謝の気持ちで見送ってあげたい、そんな思いからペット葬儀をする飼い主が増えつつあるようです。
亡くなったペットの死骸については、飼い主が責任をもって処理をしなくてはなりません。自分で処理できない場合には、死骸を焼却処分するか、または火葬して人間と同じように供養しましょう。
ペットが亡くなった場合、犬以外のペットについては届出の義務はないのですが、犬の場合は市町村役場への届出が義務付けられていますので、届出の事項としては、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号を届け出ることになります。

ペットの死

ペット葬儀の情報なんて要らないと考えている、ペットの飼い主の方は、ペット霊園は暗い気持ちになるからイヤだと思われる方だと思います。でも現実は「緊急」に起こりうることも多く、結局はペット葬儀を依頼することになるのです。ペットが天命を真っ当し、老衰になって亡くなる子もいますが、突然の病気や事故でペットがなくなるケースもたくさん見受けられます。
また、ペットがいなくなることを解っているようでも表面的なことが多く、ペットロスの悲しみを経験したことのある人でないと十分に理解してもらえません。人の場合は親族や友人などが集まり、故人を偲び、周囲から慰められ、悲しみを分かち合うことのできる葬儀という文化機能を持っておりますが、ペットの場合は会社を休ませてくれるほど理解は得られません、家族が集まるのも難しい状況で死を迎えなければなりません。そこでペットの葬儀(火葬)をすることで「死」というものを、正面から認識することができるかと思いますが、人間にもペットにも同じように愛情を抱いていたにもかかわらず、悲しみを分かち合う者が少ないので、飼い主としては、そのぶん落ち込みやすく、むしろ人間よりペットの方が悲しみ深くなる場合もあるようです。

ペットを葬る方法

ペットが亡くなっても人間同様にその悲しみを理解してくれるほど、まだ社会は成熟していないようで、亡くなった悲しみに人間も動物も違いがないことをなかなか分かってもらえません。
「たかがペットのことで…」「また飼えばいいじゃないの…」と言うように、マスコミでもペットロスの取り上げ方に誤りがあることがあり、皆さんのペットロスの認識もズレていませんか。
ペットロスの悲しみに暮れながらも、しっかりとペットの最期を見取るだけの責任を忘れてはなりません。亡くなったあなたのペットを葬る方法でまず思いつくのは、ペットを庭に埋めるという方法でしょう。小さな子どもが、ペットのメダカや金魚を庭に埋めるということはあります。
あなたのお宅にある程度広い庭があり、近所に迷惑のかからない距離があるなら、家から見える場所にペットを埋葬して、あなたもペットも寂しくないのではないのでしょうか。人間であっても同じなのですが、動物が亡くなると、体細胞が死滅し筋肉が硬直してきます。